四谷にある予備校について

四谷学院の特徴

しかし、特定の地域に限っても、予備校は1つではなく複数あるのが一般的です。
人口密度の高い関東圏で、しかも東京都内に絞り込んだり限定すると、同様に実績を持つ他の塾が浮上してきます。
名前が似ている四谷大塚は、1954年に設立して今も存在感が健在な老舗です。
規模でいえば小さめですが、東京を中心に関東圏で複数の校舎を展開しています。
経営を行っているのは同名の株式会社で、本部は東京都の中野区にありますから、地名が由来というわけではないです。
由来は経営者の名前でもありませんから、何が元になっているのか気になるものです。
答えは、創立時に四谷と大塚で開かれた日曜教室にあります。
それが元となり、今では企業名に留まらない予備校の知名度として、広く認知されるまでになっています。
現在は、東進ハイスクールを経営する株式会社ナガセの傘下に入っており、姉妹校と位置づけられます。
学習塾としての特徴は、小学生を対象とした中学受験の学習指導で、テキストタイプの予習シリーズを用いて指導を行います。
このテキストは提携塾と準拠塾でも用いられていて、中学受験用の定番にもなっているほどです。
4年生上になると、4教科を専門の講師から学べますし、理科の実験教室が設置されている校舎であれば、実践的に学ぶことができます。
一方では、小学校就学前から小学校3年生までを対象とした、リトルスクールも開講しています。
1クラスの定員は学年によりますが、10名から15名に講師1名の割合でクラスが分けられる形です。
リトルスクールは、講師が生徒の性格や特徴を知る機会でもあるので、今後に繋がる指導力を伸ばす意味もあります。

昔から実績のある予備校 | 四谷学院の特徴 | 大学受験だけではない四谷学院